今更聞けない!結婚指輪と婚約指輪の違いは?

結婚するとなれば、アレコレ悩むことが多いですよね。

両家顔わせの場所・結婚式場・一緒に住む場所などなど……次々に出てきます。

中でもいちばん悩みつつもワクワクするのが指輪を決めることではないでしょうか。

左薬指にキラリと光るリングに憧れた人も多いことでしょう。

 

けれど、いざ自分が結婚するとなると指輪についてわからないことだらけ……

という人は多いもの。

 

今回は婚約指輪・結婚指輪について悩んでいる方へそれぞれの指輪がもっている意味や

気になる平均のお値段・活用シーンを紹介していきます。

 

婚約指輪って何?買ったほうがいいの?

 

まずは、婚約指輪について解説していきますね。

その名のとおり、男性が女性へ婚約の証として贈るアクセサリーです。

婚約指輪はエンゲージリングとも呼ばれています。

 

ドラマや映画などで、男性が意中の女性へいきなり指輪を渡すシーンを見たことはありませんか?あれが、婚約指輪(エンゲージリング)です。

 

婚約指輪をプロポーズのときに渡されるのもドラマチックですが、

細かい指輪のサイズや好みのデザインなどがありますから、プロポーズのあとに2人で

一緒にお店へ選びに行くことをオススメします。

 

婚約指輪を使うシーンは両家の顔合わせや結婚式など、少し豪華な場所へ行くときに

活躍します。

婚約指輪は結婚指輪と重ね付けができるデザインのものを選べば、左の薬指が華やぐこと

間違いなしですよ。

 

結婚指輪って何?普段からつけるものなの?

 

対して結婚指輪は結婚していることを周りの人に知らせるアイテムです。

別名、マリッジリングとも呼ばれています。

 

結婚式に参加した際、主役の新郎新婦が指輪交換をしているのを見たことがありませんか?

このシーンで使われているのが結婚指輪(マリッジリング)です。

 

婚約指輪とちがい、結婚指輪は普段から身につけるものですから

婚約指輪とくらべた時に、デザインはシンプルなものが多めです。

 

指輪の相場はどれくらい?支払いはどうする?

指輪を選びに行く前に、予算はしっかりと決めておきましょう。

できれば、予算がオーバーした場合のことも考えておきたいところです。

 

予算をキチンと決めておかないと、あとからモメてしまうケースが発生します。

せっかく作った指輪なのに、大喧嘩したことを思い出すと複雑な気分になりますよね。

のちのち「作ったのはいいけれど、見るのも嫌な指輪になってしまった……」

とならないためにも、しっかり決めておきましょう。

 

婚約指輪の予算は20万から、費用は男性負担が一般的

「給料の3ヶ月分」婚約指輪にこのイメージをもっている人は多いことでしょう。

しかし現在では、必ずしも3ヶ月分ではないようです。

 

婚約指輪(エンゲージリング)の予算の目安は20万~40万円といったところでしょうか。ボーナス1回ぶんを婚約指輪の代金にあてるひともいるようです。

男性から女性へ贈る婚約のであるエンゲージリングですから、

婚約指輪にかかる費用は男性負担が一般的です。

 

結婚指輪の予算はペアで20万。費用はカップルによりけり

 

いっぽう、結婚指輪(マリッジリング)のお値段は1本あたり10万~15万円ほどです。

ペアで購入するものですから、倍の予算は20万~30万程度を見ておきましょう。

結婚指輪にかかる代金の負担はカップルによって違っており

 

・新郎(新婦)だけがまるごと負担

・自分のぶんは自分で負担

・お互いに贈りあうものなので、お互いの分を負担

 

といろいろなパターンがあります。

予算がなくても、結婚指輪は購入するのがオススメ!

昔と違い、近年では婚約指輪を購入しないカップルも増えてきました。

しかし、安くてもいいので結婚指輪は購入することをオススメします。

なぜなら、結婚指輪は前撮り・結婚式と大活躍するシーンが多いからなんです。

 

あまり値段のしない結婚指輪を最初に購入して、1年おき、5年おき、10年おきと結婚指輪を新しく追加購入していく夫婦も増えているんだとか。

 

これなら、結婚指輪に多少の傷がついてもあまり気になりませんし、

何より増えていく結婚指輪の数=夫婦が重ねてきた年月の数になります。

とてもすてきだと思いませんか?

 

指輪は店舗を絞って見るのがオススメ!

 

婚約指輪・結婚指輪は一生モノのアイテムですし、何よりお値段もしますから

「指輪を買うからには、絶対に失敗したくない!」と思いますよね。

あれこれお店に足を運びたくなりますが、多くのお店をまわるのはおすすめしません。

 

なぜなら、たくさんの婚約指輪・結婚指輪を見てまわり購入を決めたあと

「やっぱり別の指輪にしておけばよかったな……」

となってしまうことがあるからです。

 

そうならないためにも、結婚指輪・婚約指輪を購入する際に訪れる店舗は

3店舗ぐらいにおさえておきましょう。

 

香川県丸亀市の結婚指輪専門店Towage(トワージュ)がオス…

 

どれがいい?婚約指輪・結婚指輪素材のメリット・デメリット

夫婦の絆のシンボルである結婚指輪や愛のしるしである婚約指輪。

CMや雑誌などでブランドを目にする機会があるものの、いざ自分が購入するとなると、

わからないことはたくさんありますよね。

 

指輪の平均金額や、ダイヤモンドのランクなど、ギモンだらけではないでしょうか。

結婚指輪・婚約指輪に使う素材も悩みのタネのひとつですよね。

 

今回は、婚約指輪・結婚指輪に使われる素材について

それぞれメリット・デメリットをまじえて解説していきます。

 

日本では「プラチナ」素材が結婚指輪・婚約指輪で大人気!

結論から言うと、国内で人気のある素材はプラチナ。

婚約指輪・結婚指輪ともにプラチナ素材のリングを選ぶ人が多いです。

プラチナのメリット

プラチナの結婚指輪を選ぶカップルが多いのは、リングが長持ちするから。

なぜかというと、プラチナは他の素材に比べて硬さがあるからなんです。

結婚指輪は一生もののアイテムですし、毎日身につけるなら丈夫な方がいいですよね。

 

そして、プラチナをオススメしたいポイントがもうひとつ。

金属アクセサリーを身につけると肌がまけてしまう人はいませんか?

実はプラチナの指輪は肌が弱い人にもオススメです。

なぜかというと、プラチナ素材は汗をかいても金属がとけだしにくいからなんですね。

 

プラチナのデメリット

プラチナのデメリットはこれからご紹介するほかの素材に比べて、値段が高いこと。

値段が高いのは、プラチナに希少価値があることが…

 

ダイヤモンドの4Cって何?結婚指輪を買う前におさえるべき4つのポイント

ウェディングリングは一生の宝物。

これから長いあいだ身につけるものですから、婚約指輪・結婚指輪を選ぶときには

満足できるものを選びたいですよね。

 

結婚指輪・婚約指輪に使われている定番の宝石といえば、ダイヤモンド。

ダイヤモンドには「永遠の愛」を意味する宝石言葉がありますから、

人生を共にするカップルにぴったりの宝石です。

 

けれどダイヤモンドには専門用語が多く、むずかしさを感じてしまうことはありませんか?

今回は結婚指輪を買う前に抑えておきたいポイントを紹介していきます。

 

最初はダイヤモンドの「4C」を覚えよう

ダイヤモンドを選ぶ時に、まず覚えて欲しいのが「4C」の言葉です。

4CとはGIA(米国宝石学会)により定められているダイヤモンドの評価基準。

わかりやすく言うと、それぞれのダイヤモンドの質を表した略語です。

 

つまりダイヤモンドを選ぶときには、「それぞれの4C」を比較検討することで

自分にピッタリのダイヤモンドが見つかります。

 

「それぞれの4C」とは

 

・カラット=Carat

・カラー=Color

・クラリティ= Clarity

・カット=Cut

 

です。

 

カット・カラー・クラリティ・カットのそれぞれに「C」がついていますよね?

これが、ダイヤモンドの「4C」の正体です。

Carat (カラット)はダイヤモンドの大きさ、好みと予算で

カラット(Carat)はおそらく、ダイヤモンドの4Cの中でも一番知られている

ワードではないでしょうか。

 

カラット(Carat)はダイヤモンドの大きさをあらわしており…

投稿日:

Copyright © 2017 結婚指輪のまめちしき~香川県高松市版~ All Rights Reserved.