結婚指輪まめちしき

ダイヤモンドの4Cって何?結婚指輪を買う前におさえるべき4つのポイント

更新日:

ウェディングリングは一生の宝物。

これから長いあいだ身につけるものですから、婚約指輪・結婚指輪を選ぶときには

満足できるものを選びたいですよね。

 

結婚指輪・婚約指輪に使われている定番の宝石といえば、ダイヤモンド。

ダイヤモンドには「永遠の愛」を意味する宝石言葉がありますから、

人生を共にするカップルにぴったりの宝石です。

 

けれどダイヤモンドには専門用語が多く、むずかしさを感じてしまうことはありませんか?

今回は結婚指輪を買う前に抑えておきたいポイントを紹介していきます。

 

最初はダイヤモンドの「4C」を覚えよう

ダイヤモンドを選ぶ時に、まず覚えて欲しいのが「4C」の言葉です。

4CとはGIA(米国宝石学会)により定められているダイヤモンドの評価基準。

わかりやすく言うと、それぞれのダイヤモンドの質を表した略語です。

 

つまりダイヤモンドを選ぶときには、「それぞれの4C」を比較検討することで

自分にピッタリのダイヤモンドが見つかります。

 

「それぞれの4C」とは

 

・カラット=Carat

・カラー=Color

・クラリティ= Clarity

・カット=Cut

 

です。

 

カット・カラー・クラリティ・カットのそれぞれに「C」がついていますよね?

これが、ダイヤモンドの「4C」の正体です。

Carat (カラット)はダイヤモンドの大きさ、好みと予算で

カラット(Carat)はおそらく、ダイヤモンドの4Cの中でも一番知られている

ワードではないでしょうか。

 

カラット(Carat)はダイヤモンドの大きさをあらわしており、

大きくなるほど珍しさ……つまり、希少性(きしょうせい)が高めです。

そのためカラット(Carat)の数値が大きいと、お値段もふくらみます。

 

カラット(Carat)の重さは「ct」で表されており、1ct=0.2gです。

 

Carat(カラット)を決める際のポイント

婚約指輪・結婚指輪では0.25~0.5ctまでのダイヤモンドの人気が高めです。

カラット(Carat)を選んでいくときには、使うシーンを考えてみると

自分に良いサイズが選びやすくなりますよ。

Color(カラー)はダイヤモンドの色。重要なキーワードは”無”

 

Color(カラー)はその名の通り、ダイヤモンドの色をあらわします。

細かなわけ方としてはD~Zまでの23段階があり、色味で大きくわけると6段階になります。

 

これをまとめてみると

 

■ D・E・F=無色(Colorless)

■ G・H・I・J=ほぼ無色(Near Colorless)

■ K・L・M=わずかな黄色味(Faint Yellow)

■ N ・ O・P ・Q・R=非常にうすい黄色(Very Light Yellow)

■ S ・T・U・ V・W ・X・ Y・Z=うすい黄色(Light Yellow)

 

となります。

 

この中で一番値段の高いものは、Dランクの無色(Colorless)。

値段の安いものは、Zランクのうすい黄色(Light Yellow)です。

Color(カラー)を決める際のポイント

婚約指輪・結婚指輪のダイヤモンドに選ぶならば、できるだけ無色が理想的。

したがって、無色(Colorless)・ほぼ無色(Near Colorless)がオススメです。

 

CLARITY(クラリティ)は、ダイヤモンドの透明度

Clarity(クラリティ)とは、ダイヤモンドの中に含まれている

不純物・キズ・カケなどを判断している項目です。

ダイヤモンドの不純物はインクルージョン=内包物(ないほうぶつ)とよばれています。

 

Clarity(クラリティ)のランクとしては以下のようになっています。

 

■ FL=無傷・内包物なし(Flawless=フローレス)

■ IF=内包物なし(Internally Flawless=インターナリー・フローレス)

■ VV1・VVS2=ごくごくわずかな内包物

(Very Very Slightly Included=ベリーベリー・スライトリー・インクル―デッド)

■ VS1・VS2=ごくわずかな内包物(Very Very Slightly Included=ベリースライトリーインクル―デッド)

■ SI1・SI2= わずかな内包物(Slightly=スライトリー)

■ I1・I2・I3=欠陥(Included=インクル―デッド)

 

Clarity(クラリティ)は、細かい設定がされていますがポイントを抑えておけば

大丈夫ですよ。

CLARITY(クラリティ)を決める際のポイント

Clarity(クラリティ)を選ぶときには

ごくごくわずかな内包物(Very Very Slightly Include)以上のものがおすすめです。

 

無傷・内包物なしのFLクラスのものや、内包物なしのIFクラスのものになると

めずらしさもあり、お値段が高めになります。

実際に、ダイヤモンドの現物を見て決めると良いでしょう。

 

CUT(カット)はダイヤモンドの角度でカタチ

Cut(カット)とは、ダイヤモンドのかがやきを示した項目です。

・プロポーション(形)

・フィニッシュ(研磨・対称性)

の2つを判断したものでCut(カット)のランクが決まります。

 

人間で例えると

・プロポーション=”見た目”

・フィニッシュ=”肌の状態”

といったところでしょうか。

 

Cut(カット)のランク5つに分かれており、

 

■ Excellent(エクセレント)

■ Very Good(ベリーグッド)

■ Good(グッド)

■ Fair(フェア)

■ Poor(プア)

 

となっています。

 

評価の高いものはExcellent(エクセレント)、評価の低いものはPoor(プア)です。

 

 

CUT(カット)を決める際のポイント

オススメのランクとしては、Excellent(エクセレント)。

ダイヤモンドの4Cの中でどれから選べば迷ってしまった場合は、カットから決めることをオススメします。

基準を1つ決めておけば、もっと選びやすくなりますよ。

 

おわりに

 

今回はダイヤモンドを選ぶ時に知っておいて欲しい「4C」をご紹介しました。

けれど、今回お伝えできなかった内容もたくさんあります。

 

自分が納得できるダイヤモンドを選ぶために、オススメしたいのは

やっぱりプロに話をきいてみることです。

 

といっても、結婚前はバタバタとしていてスケジュールが厳しいでしょう。

メールや電話、LINEを使った相談を無料でおこなっているところもあります。

 

専門のスタッフがあなたのわからないに対してアドバイスをくれるので、安心ですね。

もちろん、ダイヤモンド以外のことも相談可能です。

 

指輪についてアレコレ悩んでいる時間も、過ぎてみれば楽しかった思い出にかわります。

一生に1度の指輪選び、楽しんでくださいね。

 

 

-結婚指輪まめちしき

Copyright © 2017 結婚指輪のまめちしき~香川県高松市版~ All Rights Reserved.